借金返済の為に無料相談を受け付けている事務所多数あり!減額への近道は当サイトから!

最終更新日:2018年09月21日
債務整理は、法律で認められた権利です!

指を差す女性

債務整理と聞くとマイナスなイメージを持つ人も多いかと思いますが、実際のところ債務整理とは、法律で認められている立派な権利の一つです。その為、誰でもが持つ権利となっている為、マイナスに受け止めることなく、必要だと感じた際には、遠慮する事なく利用する事をお勧めします。

そして債務整理と言えば、自己破産といったイメージも強いかと思いますが、債務整理=自己破産と言う考えは大きな間違いになっています。債務整理の中には、自己破産だけではなく、いくつかの方法がある為、借金の額や本人の希望、資産に合わせて債務整理の方法を選択する事が可能になっています。

例えば、任意整理と言う債務整理方法があります。この任意整理と言う方法は、交渉する事で借金総額を減額させる方法になっています。その為、借金そのものを0にすることはできませんが、その分、資産を失う心配はありません。

また裁判所への手続きは不要になっており、基本的に弁護士などの専門家に相談、依頼し、相手側と交渉してもらう流れになっています。もちろん資格制限のある職業に就く事も可能ですが、ブラックリスト扱いになる事だけは避ける事ができません。

その他、マイホームを手放したくない人にお勧めの債務整理方法が、民事再生になります。

民事再生の場合、住宅ローン以外の借金においては減額する事が可能になっており、資産を手放すことなく行う事が可能になっています。ただし、任意整理とは違って、裁判所への手続きが必要になり、また官報にも名前が掲載されてしまいます。

もちろん、ブラックリスト扱いになる事は避けられませんが、資格制限のある職業に就く事は可能になっています。

そして、最後が自己破産です。自己破産の場合、上記の2つの方法とは違って、まず借金を0にする事が可能です。

しかしその際、資産を失う事になってきます。もちろん、自己破産を行う際は、裁判所への手続きが必要で、官報にも名前が掲載されます。その上で、破産者名簿にも名前が掲載され、資格制限のある職業に就く事は出来ません。

このような事から、同じ債務整理の中でも自己破産が最後の手段となっており、民事再生などでは、借金の返済が難しい場合のみ使用される事が多くなっています。

また、債務整理すべてにおいて基本的には、官報などに掲載されるものの、一般の人に知られる事はなく、会社などに知られる事なく行う事が可能になっています。

債務整理でおすすめの弁護士事務所一覧
クレアティオ法律事務所
債務整理のことならクレアティオ法律事務所
債務整理のことならクレアティオ法律事務所
クレアティオ法律事務所はご依頼者様の債務の状況などをお聞きし、最適な債務整理方法をご提案いたします。
相談料
無料
分割払い
可能
対応エリア
日本全国
メール相談
可能
岡田法律事務所
債務整理のことなら岡田法律事務所
債務整理のことなら岡田法律事務所
当事務所は初回の相談費用を無料にしております。お悩みがある方、まずは一度無料相談をご利用下さい。
相談料
無料
分割払い
可能
対応エリア
日本全国
メール相談
可能
おしなり法律事務所
債務整理のことならおしなり法律事務所
忍成法律事務所 債務整理、任意整理の無料相談です。 全国対応で匿名での無料相談が可能です。
相談料
無料
分割払い
可能
対応エリア
日本全国
メール相談
可能
リヴラ総合法律事務所
リヴラ総合法律事務所
債務整理のことならリヴラ総合法律事務所
借金お助けナビはリヴラ総合法律事務所が運営するサイトになります。
相談料
無料
分割払い
可能
対応エリア
日本全国
メール相談
可能
弁護士関連記事
借金の返済に関して大きな悩みを抱えている方々は、世間では多いです。色々な会社に乗り換えをしてみるものの、なかなか返済が前に進まない事もあるでしょう。自分なりに工夫をしても、苦戦して ・・・[続きを読む]
●債務整理の種類 大きな借金を抱えるとその返済に苦しめられることになりますが、その苦しみから解放する手続きが債務整理です。債務整理は任意整理、個人再生や自己破産などの種類に分かれて ・・・[続きを読む]
複数の金融機関等から借り入れを行い、多重債務状態になってしまった場合には、弁護士や司法書士などの専門家に依頼をして、債務整理を行う必要があります。ただ、弁護士や司法書士などの専門家 ・・・[続きを読む]
債務整理をする人にとってもっとも大切なこと、それは出来るだけ安い費用で債務整理を済ませることです。 債務整理をするということはお金がないということなので、出来るだけ安く始末をつけた ・・・[続きを読む]
いわゆる多重債務者が返済について苦しくなってきたと感じたならば、債務整理を利用するかおまとめローンを利用するかという選択になってきます。債務整理もおまとめローンもどちらも債務を整理 ・・・[続きを読む]
長く借金をしている人ほど知って欲しいのは、債務整理についてです。借金の慣れというのは恐ろしく、その状態を普通だと感じてしまうことがあります。特に働いても働いても借金が減らない場合、 ・・・[続きを読む]
任意整理は、債務整理の中で一番行いやすい手段だと言えます。 債務整理には他にも民事再生や自己破産といった種類がありますが、どちらも裁判所を通して行う必要がありそのどちらを行った場合 ・・・[続きを読む]
債務整理と聞くと、まず大多数の人は「自己破産」を思い浮かべると思います。しかし、最近では自己破産以外にも個人再生という方法の債務整理が存在するのです。 ■個人再生とは? 弁護士を通 ・・・[続きを読む]
債務整理というのは、借金を返済していたけれども様々な理由で返済ができなくなってしまった時の解決方法です。 そんな債務整理ですが、実は主に4つの方法があります。任意整理と特定調停、そ ・・・[続きを読む]
債務整理とは借金の返済が困難になった場合に、弁護士や司法書士を通じて借金の返済方法の見直しや返済額そのものの減額を行うことを言います。大雑把に債務整理と言ってもその内容は債務状況や ・・・[続きを読む]
「毎月の借金の返済ができず、困っている」「もう、どうしようもない」などといったように、毎月、毎月、迫ってくる借金の返済で困っている人の助け舟になるのが、債務整理です。しかし、言葉は ・・・[続きを読む]
私の知人が債務整理(個人再生)をした時のことをお話します。知人は若い頃に一度、個人再生を行ったことがあります。 そして30代のころに二度目の個人再生を行いました。借金はほとんどがク ・・・[続きを読む]
病気や不慮のできごとなどで大きな借金を背負ってしまい、返済や金利の負担に悩む人はたくさんいます。 最悪の場合には、失踪や自殺などに陥ってしまうこともあります。 かつては貸金業者の過 ・・・[続きを読む]
15年以上前には考えられなかったことですが、今や債務整理は、弁護士の業務でもポピュラーなものとなり、専門で行う事務所もあります。昔は、債務整理は、弁護士には、嫌がられる案件でした。 ・・・[続きを読む]
日本の法律だけに限ったことではないのかもしれませんが、制定されている法律の数はとても多いです。 六法全書はかなり分厚いですし、それだけ制定されているとなると国民のほとんどがすべてを ・・・[続きを読む]
皆さんは弁護士と聞くと、どういうイメージを持つでしょうか。大抵の人は、自分とは縁のない人だと考えるでしょう。 ですがそうではありません。弁護士と言うのは驚くほど多くの仕事をしている ・・・[続きを読む]
誰でも一度は思った事があると思います。自分の事は自分で何とかしたいと。 ですが現実的に自分で全てをどうにかするのにはかなり限界があります。 トラブルが起きた時にどうしたら良いのか、 ・・・[続きを読む]
我が国は法治国家であり、様々な分野の隅々に渡るまで法律が張り巡らされています。 だからこそ私たちは、毎日安心して生活が出来ていると言えます。しかし私たちは法治国家に住んで居ながら、 ・・・[続きを読む]
利用しやすい任意整理は弁護士に依頼するのがベスト

紙に記入する人

債務整理にはいくつか種類があり、借金の額や返済能力によって選ぶべき手段は異なります。一般の人がよく知っているのは自己破産ですが、自己破産は債務整理の中でも最終手段です。

収入がなく、借金を減らしてもらってもとても払えそうにない、という場合に選択します。

しかし、多くの場合、ほかの方法を考える余地がありますので、まずは弁護士に相談するのが賢明です。特にめぼしい財産がなければ、自己破産を選択してもデメリットはほとんどありませんが、一定の返済能力があるなら認められないこともあります。

また、マイホームのように手放したくない財産を持っている人は、避けるべき手段でもあります。

債務整理の中で、最も利用しやすいのは任意整理です。任意という言葉がついていることからも分かるように、債権者と債務者が任意で話し合って、返済計画を立てていく方法です。自己破産や個人再生と違って、裁判所を通す必要がないため、手続きが簡単である、というメリットがあります。あくまでも任意ですから、債権者は話し合いに応じる義務はありません。

しかし応じなければ債務者は自己破産を選択する可能性が高くなり、結局は債権を回収できないことになります。

このため意外と話し合いによって債務を減らせることが多くあります。将来の利息をカットして元金だけを返していく、支払い能力に応じて元金の一部と将来の利息をカットする、といった解決策がよくとられています。

しかし、個人での交渉には応じてもらえないことがほとんどです。一つには真剣さが伝わらない、というところがあるでしょう。

法律の専門家である弁護士を通さず、個人で連絡を取るということは、ダメもとのような印象を少なからず与えます。弁護士を通せば、次の段階として個人再生や自己破産も検討していることが伝わるため、債権者も応じざるを得ないところがあります。

弁護士と聞くと敷居が高い、費用が高い、というイメージが強く司法書士に依頼することを検討する人が近年特に増えています。

しかし、司法書士は圧縮できる債務の額が140万円までの案件しか扱うことができません。500万円の債務を400万円に減額、ということであれば、司法書士でも構いません。

しかし、500万円が300万円に減額になった場合、圧縮できる債務が200万円ですから、司法書士は扱えません。任意整理は、債権者と話し合ってみるまでどれだけ圧縮できるか分かりませんので、はじめから弁護士に依頼するのが合理的です。

債務整理の”3つの種類”と”官報”について

案内をする女性

皆さんは”債務整理”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。近年、消費者金融からキャッシングできる機械や窓口が広がり、利用者が増加しつつあることからこの債務整理についても注目されてるようになっています。

債務整理とは簡単に言うと「依頼を受けた弁護士や司法書士が依頼者の借金の総額(債務)を減らし、負担を軽くする方法」のことです。その方法には大別して3つあります。

任意整理・個人再生・自己破産と呼ばれるものです。では、ここではその3つについて見ていきたいと思います。

まず、”任意整理”です。任意整理は3つの債務整理の中ではもっとも基本的な方法です。弁護士や司法書士が主に消費者金融会社などの債権者へ交渉をして、返済方法や金利などの条件を債務者にとってよりよい方法に整理するのが任意整理です。

最適な条件に変更することができるので、借金に対する負担が減るだけでなく、たとえば払いすぎていた利息が戻ってくるなどのメリットがあります。

次に”個人再生”です。個人再生は、任意整理に比べると、もっと返済に行き詰った人が行う手続きです。なので、任意整理のように弁護士・司法書士が債権者に直接交渉に出向く形での負担軽減はできません。個人再生では、両者の間に裁判所が介入することになります。

つまり歴とした法的な手続きということになります。ポイントとしては、債務が5分の1に減額される・すべての財産が没収されるわけではない・返済計画が整理される、などがあります。

最後に、”自己破産”についてです。自己破産は任意整理のうちの最終手段と言ってもいいでしょう。借金がほぼ全額免除されますし、債務者からの取り立てもなくなります。

また個人整理と同様、裁判所を介した方法になりますし、法的に認められた方法なのです。ですが、不動産を含めて原則20万円以上の財産は処分されたり、一定期間(多くは3か月~6か月ほど)一部の職に就けという制限も課されることになります。

個人再生と自己破産の手続きを行った場合”官報”という国が発行する法律に関する広報誌に、住所と氏名が記載される事になります。一般の人は見ることはないので、世間に対して広く知られる事はないと思いますが一つの大きなデメリットかもしれません。

以上、債務整理の種類3つについて説明しました。ここで述べた債務整理に関するいくつかのポイントを知っておくことは、銀行や消費者金融からキャッシングを利用する人にとっては大切だと思いますので、ぜひ参考にされてください。

おすすめの弁護士事務所
クレアティオ法律事務所
債務整理のことならクレアティオ法律事務所