借金返済の為に無料相談を受け付けている事務所多数あり!減額への近道は当サイトから!

最終更新日:2018年12月13日

任意整理は全てを代理人に任せることができます

スーツを着てる男性と女性

任意整理は、債務整理の中で一番行いやすい手段だと言えます。

債務整理には他にも民事再生や自己破産といった種類がありますが、どちらも裁判所を通して行う必要がありそのどちらを行った場合も官報にそれが記載されてしまう事などから、これらの手段に踏み出すのは躊躇してしまうこともあると思います。

ですが、任意整理であれば、全ての手続きを依頼をした弁護士、もしくは司法書士に任せて行うことができますし、官報に記載されることもありません。債務の減額幅こそ、民事再生や自己破産には及びませんが、比較的行いやすい債務整理だと言っていいでしょう。任意整理を行うには、その代理人となる弁護士、もしくは司法書士に依頼を行います。

この任意整理は借入先である債権者1件ごとに行う必要があります。その債権者に対しての債務が140万円以下の場合はどちらに依頼をしても構いませんが、それを超える場合は弁護士のみが対応することができます。

この任意整理を行うには、定期的な収入があることが条件です。無収入の人は任意整理は行えません。代理人に依頼をすると、その代理人と債権者の間で任意の交渉が行われます。もちろん任意なので、どのような内容の交渉を行っても構わないのですが、実際にはよほどの債務額でない限り、借入を行った元金の返済のみで納得をしてもらう内容の交渉になります。

具体的には、借入を行った元金から今までの返済した金額を差し引き、その残りの分の返済だけで済むように交渉を行い、以降3年間を掛けて返済していくという内容で和解をして、この任意整理は終了です。

原則的にこの残りの分の返済中の金利は免除されるので、元金だけの返済になるということです。

元金の減額まで受けることができる民事再生や、全ての債権者への返済義務が免責される自己破産などと比べると、あくまで借りたお金は返すという結果になるのが、この任意整理です。

ですが、残りの分の返済期間が3年間になり、その間の金利も免除される為、返済がかなり楽になるのは間違いありません。

裁判所を通すこともなく、代理人に依頼をした後は本人は何もしなくて構いません。和解が成立すれば、これからの返済について代理人から連絡があり、債権者と直接やりとりをすることは一切ありません。また、債権者との交渉が行われている間は、その債権者からの催促や取り立ても一切無くなります。これも大きなメリットだと言える場合もあると思います。

このように、任意整理は1件の借入先への返済で困っている場合には、とても有効な債務整理だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの弁護士事務所
クレアティオ法律事務所
債務整理のことならクレアティオ法律事務所