借金返済の為に無料相談を受け付けている事務所多数あり!減額への近道は当サイトから!

最終更新日:2018年10月17日

債務整理とはどのようなものか

紙をみせる女性

債務整理とは借金の返済が困難になった場合に、弁護士や司法書士を通じて借金の返済方法の見直しや返済額そのものの減額を行うことを言います。大雑把に債務整理と言ってもその内容は債務状況や整理の方法によって大きく変わってきますが、一般的に債務整理には四つの手法が知られています。まず一つ目は過払い金の返還請求です。

これは厳密には債務整理とは少し違いますが、借金返済の内容を精査して無駄を見つける点では共通しています。

主にキャッシングやカードローンの利用において、特に複数の借入を同時に行っていた場合には利息の計算が複雑になり過払いが発生している可能性があります。それを見つけ出すことができれば現金を取り戻すことができるので、これは借入総額が低額であってもとりあえずチェックするという気持ちで依頼をしてもいいでしょう。

弁護士への相談自体は手間もお金もかかりませんし、実費負担も過払い金を取り戻せればそこから払うことが可能です。
次によく行われる債務整理の方法は、任意整理と呼ばれるものです。

これは弁護士など専門家と貸金業者が直接交渉をして、借金の返済計画を立て直すというものです。返済に苦慮している人のなかには利息さえどうにかできれば元本は返せるという人も少なくありません。

そういった、返済能力がまだ残っている人に返せる分だけでも返してもらおうというのが任意整理の目的です。貸金業者としても、契約相手に自滅されてしまっては商売になりませんからこの任意整理の交渉は比較的スムーズに進む傾向があります。利息を免除されることもあれば、返済期日を改めて設定し直して月々の生活の負担を減らす形に持っていくこともあります。

任意整理の効果は利用者の返済能力や生活レベルを考慮しながら、業者との交渉次第で大きく変わってくるので専門家の選び方が重要になるとも言えるでしょう。そして債務整理のなかでも裁判所を通じて行われるのが個人再生と自己破産です。

個人再生とは民事再生を個人に適用したもので、借金を最大で五分の一にまで減額しながら財産の処分などは行わなくてもいいという非常に強力な債務整理の方法となっています。ですが個人再生は手続きが複雑なうえに審査も厳しく、費用もかかりますのであまり一般人に向けたものとは言えません。自己破産はいわば債務整理の最終手段です。

全ての借金を免責してもらう代わりに持ち家など財産は強制的に処分されてしまいます。しかし生活必需品や毎月の給料などは差し押さえ対象にはならないので、とにかく借金問題を解決して新生活に踏み出すためには、正しい債務整理の選択肢と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの弁護士事務所
クレアティオ法律事務所
債務整理のことならクレアティオ法律事務所