借金返済の為に無料相談を受け付けている事務所多数あり!減額への近道は当サイトから!

最終更新日:2018年12月13日

債務整理の中でも行いやすい?個人再生の方法

手のひらにお金

債務整理と聞くと、まず大多数の人は「自己破産」を思い浮かべると思います。しかし、最近では自己破産以外にも個人再生という方法の債務整理が存在するのです。

■個人再生とは?
弁護士を通し、借入先に債務整理を開始したという通達を送り、個人の借金を5分の1または100万円の大きい方を選択し、その額を3年間に渡って返済していく方法です。これは会社員でなくとも、一定の収入があれば年金暮らしの方でもでき、パートでも大丈夫です。毎月の返済額は弁護士事務所を通した場合、弁護士さんに毎月渡すことになります。

■個人再生を行うことで得られるメリット
個人再生は自己破産ではないので、会社に債務整理をしたことを知られることはありません。また、仕事先にもばれません。「官報」と呼ばれる、裁判所等に置いてある公的な冊子に債務整理者として名前が掲載されるぐらいですが、一般の方は官報など目にする機会はほとんどないので安心してもよいでしょう。また、借金が総額5,000万円以下なら誰でも行える方法ですので、現在の借金が5分の1になるというのなら、行ってみようという人も出てくるでしょう。

■個人再生を行うことのデメリット
逆にデメリットですが、ここは自己破産などと同じく、カードを作ることができません。カードどころかローンを組むこともできなくなります。カードを作るには個人再生後、約10年近くは作ることが出来ないので、行うならそのあたりは覚悟の上で行ってください。一度傷ついた個人信用情報は国の個人信用情報機関に記録されており、新たにローンを組もうとすると、カード会社やローン会社はその情報機関に情報を照会します。

そこで過去に個人再生をしたという情報が見つかれば、ほぼ新規のローンは通りません。デメリットはまさにこれです。

借金は確実に減りますが、そのせいで数年間は金銭的に有利なローンなどはできませんし、毎月、決まった金額を弁護士さんに払う必要もありますし、生活面を大幅に見直さなければいけなくなります。弁護士事務所を通さなければ、手続きが非常に煩雑なため、まず一般人は弁護士さんに頼まなければなりません。着手金や成功報酬などで返済額よりも大きな額になってしまうのは仕方がありません。近年、2001年ごろから登場した新しい債務整理方法と言われる個人再生ですが、債務が残るという反面、現在借金に困っていて自己破産まではしたくない…という方には画期的な債務整理方法です。

そのため、多重債務に苦しむぐらいなら、早めに相談をして弁護士さんの協力の下、早期の借金返済を考えて動きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの弁護士事務所
クレアティオ法律事務所
債務整理のことならクレアティオ法律事務所