借金返済の為に無料相談を受け付けている事務所多数あり!減額への近道は当サイトから!

最終更新日:2018年12月13日

債務整理は、誰に相談すれば良いのか?

ハテナマーク

「毎月の借金の返済ができず、困っている」「もう、どうしようもない」などといったように、毎月、毎月、迫ってくる借金の返済で困っている人の助け舟になるのが、債務整理です。しかし、言葉は知っているものの、実際、どうすれば良いのか…また、誰に相談すれば良いのかわからない人も多いのではないでしょうか。

借金問題の場合、なかなか誰かに相談すると言った事が難しい場合も、少なくないかと思います。借金問題は非常にデリケートな問題の為、仕方のない事ですし、そしてまた、借金問題の相談は、適正な相手に行わないと解決が非常に難しい問題だと言える為、正しい知識を持った人に相談する事が必要不可欠になってきます。

そしてその債務整理の専門家には、弁護士と司法書士が考えられます。ただし弁護士と司法書士には、債務整理において出来る事と出来ない事がある為、その違いを確認した上でどちらに相談するか決める必要があります。

まず司法書士の場合、専門の仕事は不動産や会社などの登記になっています。その為、実際の所、債務整理においては専門外になってきます。しかし2003年の法改正に伴い、条件付きで司法書士でも債務整理の相談を受ける事が可能になりました。
ただし司法書士の中でも認定司法書士のみ行う事ができ、総債権額が140万円以下に限られています。

また司法書士の場合、債務整理の中でも自己破産、個人再生ともに書類作成代理人と言う形になり、任意整理のみ一社に付き140万以下で代理人として動く事が可能になっています。その為、自己破産、個人再生の場合あくまでも書類のみの制作となる為、注意が必要です。一方、弁護士の場合、自己破産、個人再生、任意整理共に代理人となって動いてもらう事が可能です。

もちろん、任意整理においても、総債権額の上限もないので、どのような債務整理においても動いてもらう事が可能になっているのです。その為、弁護士に相談した方があらゆる方法から、自分にあった債務整理方法を選択する事ができ、それらに対し動いてもらう事が可能になっています。

このように債務整理を考えている人の場合、まずは司法書士、弁護士と言った専門家への相談を考え、その上で自分の借金額、債務整理方法を考慮し、どちらに頼む方が賢明なのか判断した上で、相談相手を決定する事がお勧めになってくると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの弁護士事務所
クレアティオ法律事務所
債務整理のことならクレアティオ法律事務所