借金返済の為に無料相談を受け付けている事務所多数あり!減額への近道は当サイトから!

最終更新日:2018年12月13日

債務整理は大きく四通りある

悩んでる女性 (3)

債務整理というのは、借金を返済していたけれども様々な理由で返済ができなくなってしまった時の解決方法です。

そんな債務整理ですが、実は主に4つの方法があります。任意整理と特定調停、それに個人再生と自己破産です。
この4つの中では、おそらく自己破産が最も有名でしょう。よく映画やドラマなどで、登場人物が借金まみれでどうにもならなくなった時などに、「もう自己破産するしかない」などと言ったりしています。

その4つの方法ですが、当然、具体的な内容は違います。

まずは任意整理ですが、4つの中では比較的手続き方法は簡単です。それは借金の金額を減らすことが可能ですので、このままでは返せそうもない借金でも何とか返せるようになると考えられます。

しかし、借金の全てが免除されるようなことはありませんので、「何とかして返したい」という強い意志を持つ人が利用すべき手続きです。ですから当然、それなりの返済能力を持っている人しか債務整理を利用することはできません。

次に特定調停とは、簡易裁判所を用いた負債圧縮の手続きのことです。今はまだ返済できていても行き詰まるのは時間の問題、といった人に向いています。任意整理に似ていますが、決定的な違いがあります。

それは、任意整理は裁判所を介さずに弁護士や司法書士などが債権者と直接交渉を行いますが、特定調停は裁判所が間に入って債権者と債務者に債務整理案を作成してくれるのです。それから個人再生を用いると、借金が大幅に減額されます。

具体的に何%減額されるのかは一概には言えませんが、一つの目安としては、総額300万円の借金ならば、おおよそ100万円くらいには減額してもらえるのではないかと考えられます。しかも住宅ローンを抱えている人でも自宅を手放さなくても済みますし、ギャンブルが原因でも手続き可能です。しかし、任意整理などより長くブラックリストに載ってしまいます。

そして自己破産ですが、他の手続きとは違って基本的に借金が免除されます。これだけでも非常に大きなメリットであると言えるでしょう。ですから返済に行き詰っただけではなくて、もうこれ以上は一円も返すことができないという人にこそ向いている手続きだと言えます。しかしその反面、マイホームは手放さなければならなくなってしまいます。

それ以外にも、原則として20万円以上の価値のある財産も皆、処分されてしまうことになります。
このデメリットは、非常に大きいということも知らなければならないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの弁護士事務所
クレアティオ法律事務所
債務整理のことならクレアティオ法律事務所