借金返済の為に無料相談を受け付けている事務所多数あり!減額への近道は当サイトから!

最終更新日:2018年10月17日

弁護士の仕事は、決して刑事事件の弁護だけではありません。

ノートとぺんを持つ女性

皆さんは弁護士と聞くと、どういうイメージを持つでしょうか。大抵の人は、自分とは縁のない人だと考えるでしょう。
ですがそうではありません。弁護士と言うのは驚くほど多くの仕事をしているのです。

弁護士と言えば犯人を弁護するのが主な仕事で、「弁護士」というだけのことはあります。ですが、その主な仕事以外の仕事が非常に幅広いのです。遺産相続に交通事故、離婚裁判に債務問題、あちこちに弁護士が関わっています。

もちろん、これらの問題や訴訟に必ずしも弁護士が関わらなければいけないわけではないのですか、プロが関わるのと関わらないのとでは、問題の解決スピードが違います。

遺産相続問題なんかは、素人だけでやると間違いなくこじれて収拾がつかなくなるので、弁護士の介入が必要となります。
債務問題なども、よほど債務関係の法律に詳しくない限り、消費者金融会社やクレジットカード会社などに手玉に取られてしまいますので、弁護士に介入してもらったほうがよいでしょう。

その他民事トラブルでも弁護士は役に立ちますが、その手のトラブルは警察に頼んでも「民事不介入」の原則がありますので上手くいきません。なので、民事トラブルが起こった場合、どんどん弁護士に助けてもらいましょう。

このように、弁護士の仕事は一般的に想像するよりも非常に多いので、困ったらどんどん弁護士さんに相談しましょう。

また、弁護士の仕事は大まかにわけると刑事弁護と民事弁護の2つがありますが、普通の人が関わるのは民事弁護の方です。
こちらは民事事件や民事訴訟全般の弁護を意味するので、遺産相続の弁護も債務整理の交渉も、全部民事弁護となります。

ちなみに、弁護士の力がもっとも発輝されるのは、債務整理の交渉です。
その弁護士がどの程度場数を踏んでいるのかにもよりますが、債務額の半額カット、3分の2カットなど当たり前です。

個人の力で交渉しているうちはまったくカットされなかった借金が、面白いようにカットされていきます。自己破産から任意整理まで、今の自分にとって最もよい債務整理法もサクっと提案してくれます。このように、弁護士を雇うと(弁護士費用を計算に入れても)大きな債務圧縮に繋がるので、債務問題を抱えている人は、一度弁護士に相談してみるといいでしょう。

一見派手そうに見える弁護士の仕事は、実は地味なものばかりです。しかし、その地味な仕事が我々にとって、そして社会にとって非常に大きな役にたっています。我々はそのことを忘れてはいけないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの弁護士事務所
クレアティオ法律事務所
債務整理のことならクレアティオ法律事務所