借金返済の為に無料相談を受け付けている事務所多数あり!減額への近道は当サイトから!

最終更新日:2018年12月13日

自己破産による債務整理は最後の手段

指をさす女性 (3)

病気や不慮のできごとなどで大きな借金を背負ってしまい、返済や金利の負担に悩む人はたくさんいます。

最悪の場合には、失踪や自殺などに陥ってしまうこともあります。

かつては貸金業者の過酷な取り立てが、社会問題になっていた時期もありました。借金は法律上の行為であり、法律で解決する方法があります。一人で悩んで、出口のない迷路に迷い込んでしまうことはありません。

借金の解決には債務整理という方法があります。自己破産はそのうちの1つの方法で、ことばとしては一番し知られているのではないかと思います。自己破産は、裁判所が客観的にみて支払いが不能であると認めた場合に、所定の手続きを経ることにより、すべての借金が免除される方法です。免責が許可されると、貸金業者の取り立てからも解放されます。

ただし、原則として20万円以上の財産があれば、処分されて借金の返済に充てられます。また、自己破産の申請をしても、裁判所に免責を認めてもらえない場合もあります。浪費やギャンブルが原因の借金は、免責不許可事由にあたります。

破産したことは官報に記載され、またいわゆるブラックリストに載るため、5~10年間は新たな借金ができなくなります。

クレジットカードを作ることもできません。周囲に知られることはあまりないと思われますが、貸金業者からの借金はともかく、親戚や知人などからの借金がある場合には、大きな迷惑をかけてしまうことになります。

自己破産でこれらの借金も免責されてしまので、信用を失ってしまい、良好な関係を損なってしまうことになりかねません。

債務整理の中でも自己破産という解決は、いわば最後の手段で他に方法がない場合に、選択する手段と言えるでしょう。
債務整理は任意整理という方法があります。自己破産に至る前に、任意整理ができないかどうか検討する必要があります。

任意整理は、裁判所を通さないで貸金業者との交渉によって債権を減額する方法で、業者との和解によって解決するものです。過去に利息制限法を超えて払いすぎた利息(過払い金)がある場合には、これを返済にあてて借金を減額する方法も合わせて行います。任意整理はもちろん周囲に知られることもなく、元の借金がなかった時代の生活に戻れる可能性の高い方法です。債務整理の中では、最も債務者にとってメリットのある方法であり、自己破産に陥る前に手を打っておくのが大切です。

任意整理にあたっての交渉は、法律的な知識が必要です。個人でやることも不可能ではないですが、通常は司法書士などの専門家に相談してみるのが得策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの弁護士事務所
クレアティオ法律事務所
債務整理のことならクレアティオ法律事務所